免疫とは ? そして腸活のススメ

免疫とは、「疫(やまい)から免れる仕組みのこと」で、

からだの外部からの侵入者である病原体(細菌、ウイルスなど)の様な異物に対して、免疫系の主役である白血球がこの異物を破壊して排除するという「白血球 VS 異物の闘い」のことです。

つまり、自分と自分でないものを識別して、からだを守ってくれる防御システムのことです。


ここからの文中では色んな細胞が出てきますが、これらはすべて白血球の仲間たちです。



病原体が体内に侵入すると、まず一次防御である自然免疫が作動して、これが突破されると二次防御である獲得免疫が作動します。


自然免疫にも二つの段階があり、まずは皮膚や粘膜といった体表面のバリアで、粘膜は殺菌作用のある消化液、腸内細菌で守られています。

また、口・のどの粘膜には毎回の食事の際に細かい傷が付きますが、そこから強力な殺菌作用のある活性酸素を出す数百万個の白血球(マクロファージ、ナチュラルキラー細胞:NK細胞)が出てきて病原体を退治してくれます。

さらに病原体が体内に侵入するとマクロファージ、樹状細胞、好中球が病原体を次々に退治していきます。

しかし、細胞内でしか生きられないウイルスが細胞内へ逃げ込んでしまうと、NK細胞がウイルスに感染した細胞ごと破壊していきます。

ここまでが先天性の自然免疫のシステムで、ここまでで病原体を退治してしまえば獲得免疫の出番はありません。



さらに病原体が侵入・増殖してしまうと、二次防御の獲得免疫のシステムが発動します。

ここからはT細胞、B細胞というリンパ球が主役になります。


主に最初に自然免疫として戦った樹状細胞がヘルパーT細胞、細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)へ病原体の情報を伝え、キラーT細胞は自然免疫でも出てきたNK細胞と協力してウイルスに感染した細胞を破壊していきます。ここは細胞が主体となって働くので細胞性免疫と言われます。


そしてヘルパーT細胞はその情報を元にB細胞を形質細胞(抗体産生細胞)へと分化させて、産生した抗体がウイルスと結合して毒性を低下させます。

抗体は細胞外の体液中でのみ働くことができるので液性免疫といいます。


そして病原体を排除する事ができると、今回の病原体にどんな特徴があったのかを記憶する記憶細胞(メモリーT・B細胞)として体内に残ります。そして同じ病原体が体に侵入してもその対処法を記憶しているので、速やかに退治してくれます。一度罹った病気に罹りにくくなるのはこのメモリーT・B細胞の働きによるものです。

これは後天的に得られる免疫なので獲得免疫といいます。

そしてワクチンはこの獲得免疫の抗体産生の部分のみを利用したものです。



しかし、今回の新型コロナワクチンにはいくつかの問題点があります。


まず大きな問題点として「抗原原罪」という現象です。

これはコロナウイルスの様な変異の多いウイルスでは最初に誘導してできた抗体があとから感染した変異ウイルスに対する抗体の産生を阻害してしまう現象です。

つまり繰り返し同じ武漢型ワクチンによって武漢型に対するスパイク蛋白の抗体のみを作ってしまうと、仮に変異したウイルスに感染しても、その変異したウイルスに対する抗体ではなく、武漢型スパイクの抗体しか誘導・産生されなくなって変異したウイルスへの対応ができなくなってしまうのです。


さらに今回のm-RNAワクチンは接種により「抗体依存性感染増強(ADE)」と呼ばれる現象も起きていると言われています。

これは本来ウイルスから体を守るはずの抗体によって免疫システムに異常を起こしてしまい、逆に感染を起こしやすくなり、ウイルスの増殖、病気の重症化を引き起こす現象です。


おそらくこれらの二つの現象はすでに起きていると思われ、世界的にワクチン接種をすればするほど感染者が増えるという大きな要因となっています。


世間的にはワクチンのみが有効なコロナ対策かのように思われていますが、前述のように免疫システムには抗体以外の自然免疫の占める割合がかなり高いので、

いかに自然免疫力を高めるかがワクチン以上に重要なコロナ対策と言えます。



その自然免疫力を高めるのにはどうしたら良いのでしょう。



鍵となる内臓は「腸」です。


腸には免疫細胞の70%が存在し、脳とも多数の神経細胞でつながり、お互いに影響を与え合う「腸脳相関」の関係にあり、第二の脳とも言われています。

しかし実際は生物は進化の過程では腸だけの生き物から始まり、ずっと遅れて脳ができており、脳以上に重要な内蔵であると言えます。


それでは腸の本来の力を取り戻し、免疫力をアップする「腸活」はどうしたら良いのでしょうか。


6/11(土)の東北有志医師の会主催の市民公開講座第一弾「腸活で免疫アップ!発酵食品のチカラ」は盛況のなか終了しました。


免疫についての市民講座第二弾が開催されます。
是非ご参加下さい。詳細は下記リンクより


(文責:八子胃腸科内科クリニック 八子章生)

東北有志医師の会

東北有志医師の会は、子供へのワクチン接に断固反対します。3月から5-11歳の子供たちに対し、厚労省はワクチン接種を開始しようとしている。驚くことに接種する側の小児科医たちは、このワクチンのことは全く何も知らない。スパイクタンパクの危険性すら知らないのだ。ラットの実験で48時間後にはLNPが卵巣に高濃度に集積するというファイザーの報告すら知らない。治験中であれば、そうした事実を全て説明する必要がある